2006年12月23日

遠近両用メガネ

まちがいだらけの遠近両用メガネ
http://kaz.my.coocan.jp/yaw21.htm
遠近両用メガネ 常識のウソを加学する

megane.jpg

遠近両用メガネの欠点は、アゴを突き上げるので格好も
悪いし首も疲れる。おまけにメガネ店では縦長のフレー
ムばかり勧められる。

この問題を解消するグッズとして、メガネをフレームご
と数ミリ上げる鼻アテまで売ってるが、そんなら、レン
ズを最初から上げておけばいいのではないか?。

そこで、遠用部の中心(アイポイント)をレンズの上から
3mmの位置にしてカット加工し、近用部を広くする調整
方法を採ってしまう。この調整処方で、当方の場合自動
車の運転も何の問題もないしカーナビもハッキリみえる。

パソコン画面を見たり、マニュアルを腹の前に首っ引き
が多いという場合、こういう処方の遠近両用メガネの方
が理にかなっているように思う。

この欠点は、アゴを上げると遠景がボケる事で、これは
遠用部が狭いので致し方ない。気にすれば足元が若干ボ
ケ気味になる。そのため日常は遠方中心を見る場合が多
いなら、近用部は旧来の調整法のようにレンズの下の方
にわずかなのが良いのだが、現代ではそういう使い方の
ヒトは、むしろ少数派だろう。

まちがいだらけの遠近両用メガネ(調整方法)
http://kaz.my.coocan.jp/yaw21-5.htm
こちらを参考に、遠近両用メガネを求めている。
posted by Papageno at 18:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。